多くの方が理解しているうつ病、周囲に頼ろう

テクスチャ

ストレスを溜めない

うつ病は特別な病気ではありません

うつ病はと聞くと何か特別な病気というイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、かかる可能性は誰にでもあります。ある調査によると日本人の13人中1人が一生のうちに1度はうつ病にかかるというデータがあります。しかし、その中で病院に通ったりして治療を受けるのは29%の人しかいません。 うつ病は、急性期から回復期の段階によって治療方法が変わります。急性期は薬を服用して症状を軽くするという方法をとります。回復期は、社会に復帰できるように、以前の生活のペースを掴んでいく期間です。回復期になると、症状は良くなっている一方で、ふとしたことで命を絶ってしまうような行動も起きやすいため、周囲の人々はさらに注意が必要になります。

日常生活で気を付けること

うつ病を改善する方法は薬だけではありません。日常の生活の中でも気を付けることがいくつかあります。 まずはよく休むことです。うつ病にはゆっくり休んで治療に専念することが必要です。もしも自宅ではリラックスして休むことができない場合は、病院に入院して治療を受けることもできます。 次に、よく眠ることです。うつ病にかかると、眠れなかったり、早く目が覚めてしまったりすることがあります。よく眠ったという感覚がうつ病の改善にも繋がるので、日中は運動をしたりして夜はよく眠れるように心掛けましょう。 最後に、焦らずに治療を受けることです。うつ病の人は早く社会復帰したいという気持ちを持ってしまいますが、焦って無理をしてしまうと、症状が悪化してしまったり、治療にさらに時間が掛かってしまう場合もあるので、焦らずに治療を受けることが大切です。